adidas Padel

アディダス パデル

パデルを知る

「パデル」って簡単? どんなスポーツ?

パデルは、テニスを小さくしてスカッシュの要素を合わせたようなラケット競技です。
2人対2人のダブルスのみでプレイし、コートのサイズは長方形の20×10メートルで、テニスコートの半分くらいです。
得点の数え方はテニスと同じで、周囲は強化ガラスと金網に仕切られ、スカッシュのようにガラスを利用したりもします。
パデルのラケットはテニスのラケットと比べ、長さが短く大きさも小さいので比較的、扱いやすいのが特徴です。 また素材も違いガット(縦と横の糸)はなく板状。 ボールはテニスボールと比べ、色や形は似ていますが、パデルボールはテニスボールより空気圧が低く反発力が小さくなります。

「パデル」(Padel)は、1970年代にスペインで生まれたラケットスポーツ。 ラケットスポーツ特有の難しさもなく、誰もが簡単に始められ、パワーやスピードより、戦略を駆使して勝利を狙うゲーム性の高さもあって、スペインやラテンアメリカを中心に瞬く間にプレイヤー人口とコート数を増やし、3大陸24ヵ国に拡がり、なお拡大中。 発祥の地であるスペインやアルゼンチンでは、テニスを凌ぐ大人気の国民的スポーツとして知られています。
すでに世界にはプロツアーまで存在するというパデル、しかし日本を含むアジアでの普及はまだまだ…。今から始めても日本でトッププレイヤーになれるかも!?

「パデル」人気急上昇のわけ 〜でもまだまだマイナースポーツ…〜

パデル発祥の地では一気に国民的スポーツに発展しました。 その理由に…

  1. 「コートが小さい」
    コートが小さく移動量が比較的少ないので体力差がでない。 子どもからお年寄りまで、体力的な負荷をかけずに楽しむことができます。 ですので、女性が男性を、子供が大人を負かす事は普通にあります。
  2. 「ガラスの壁」
    ガラスの壁と金網に囲まれ、その壁を使ったり、跳ね返りを利用したり。 ですので、パワーとスピードで打ったボールも跳ね返りで反撃ができ、体力より戦略が勝敗を分けます。テニスにはない独特の面白さがあります。
  3. 「短いラケット」
    短いラケットは手のひらで打ってる感覚に近く、すぐさまラリーが楽しめます。 野原や公園で遊ぶ、おもちゃのバドミントンや遊具よりも簡単にラリーが続き、すぐにバンバン打てるようになります。
  4. 「観戦もプレイも面白い」
    プレイをして楽しいのはもちろんのこと、ラリーが続くので、他のプレイヤーの観戦も見ていてハラハラ。 気がつけばプレヤーと一緒に盛り上がってることも。

ダブルスが基本ですので、ペアーとの協力が更に面白くしてくれます。
普段会話の少ないパパと娘が気がつけばハイタッチ!って事も!?
パデルはとても魅力的でスペインで急激に普及した楽しいスポーツですが、アジア圏ではまだまだマイナーなスポーツなんです。

「パデル」の基本ルール

  • パデルは2人対2人のダブルスのみでプレイ
  • ポイン卜の数え方や試合進行はテニスと同じ
  • 1バウンドまたはノーバウンドで返球可能
  • 強化ガラスや金網にリバウンドしたボールも返球可能
  • 1試合3セットの2セット先取

「パデル」の施設 〜現在増加中!でもまだ全国に13カ所だけ…〜

コートは、まだ全国に13カ所しかありません。 イタリアでは2015年頃にコート数が47カ所でしたが、2016年には約7倍の286カ所へと増えました。 日本も急激に増えるかも!?
くにじまのパデルコートは関西初のパデルコートとして3年前に新設され、市内からのアクセスも良く、利用者は増加していますので、必ず空き状況をご確認下さい。

日本のパデル施設リスト

★ お電話またはフロント受付にてお申し込み下さい。

お電話またはフロント受付にて
お申し込み下さい。

06-6325-2231

受付:9:00〜21:30

*ラケット・シューズはレンタルがございます。ラケットは特別価格にて販売もございます。
*空き状況によりご予約できない場合があります。

上記記載のプランの時間割が一覧でご覧いただけます。(PDF)